法人ゴールドカードとは何か?

法人ゴールドカードとは何か?

法人ゴールドカードの仕組み

クレジットカードには個人がその人の信用によって加入できる個人向けクレジットカードのほかに、法人や企業向けに発行される法人向けクレジットカードというものがあります。利用するのは個人ですが、利用して会社に社内精算という形で経費や諸費用を報告し、その支払を会社が行うという仕組みになっています。カード会社は利用者の所属する会社とお店やサービス窓口の仲立ちをします。社内精算という形で報告された利用内容の報告を取りまとめて、法人に請求して支払われた代金を加盟店などに渡すとともに、売上表を取りまとめて法人に報告します。会社側とすると、たとえば営業車のガソリン代などの請求を事務や経理に通して、利用した社員に還付する形で支払い、さらに会社に報告するという手間が省けることになります。

法人カードの使い方

法人カードと個人向けのカードの使い方に大きな違いはありません。法人カードを社員に使う意味としては、会社が交際費や出張の経費、営業にかかった交際費などを清算を、カード会社が肩代わりするという形になります。カードによって支払処理業務を完結しますから、たとえば接待にかかった費用や消耗品の購入などにかかる支払をカード会社が立て替えて、法人に一括で月末などに請求するため、法人は支払日までは現金を用意する必要もなく、また社員に出張費などを前渡しする必要もありません。経理面で非常に身軽になるというのが法人カードの大きなメリットです。また、法人側としても社員が出張経費をごまかしたり不正に高く請求したりするということができにくくなるため、経費削減にも寄与することになります。近年では日本の会社は大企業だけでなく、中小の企業も海外に進出することが多くなりました。海外ではカード決済が当たり前で、むしろ日本のようにお店やサービス提供施設が領収書を発行するということの方が稀です。こうした場合に法人カードを利用して社員に使わせるようにすると、出張などの経費のやり取りがスムーズになります。

中小企業や個人事業主でも可能

法人カードはコーポレートカードやビジネスカードなど信販会社によって名称はそれぞれで、多少のサービス内容の違いはありますが、基本的な使い方や経理上のメリットについては同様です。近年では、法人ゴールドカードを利用する中小企業が増えています。日本の中小企業も地場産業だけではやっていけなくなった時代に突入し、積極的に顧客の獲得に全国を営業しなければならない時代です。またアジア圏での日本製品の評判は高く、小さな町工場で製造されている製品でも人気が沸騰することが起こるようになりました。そのため、中小企業の出張が増える傾向にあり、法人カードの利用は年々増加しています。中小企業にとっては、経理や出納係などのお金の管理に手間をかけていられないという事情があるのです。そのため、必要経費の管理を一括管理するために法人カードを利用する企業が増えています。信販会社も審査基準をゆるめており、中小企業へのゴールドカード発行に積極的です。また、中小企業だけでなく、法人格を持っていない個人事業主でも使える法人カードというのも登場しています。たとえばWebクリエイターやゲームデザイナーなどは個人で事業主となって収入を得ていることが多くあり、多くの人が青色申告をしています。このとき、事業にかかる経費を法人カードで支払って、自分のプライベートな生活上の必要で使うものについては個人カードを使い分けするというやり方を信販会社が提案しており、人気を高めています。

海外では一般的手法

法人カードはたとえばアメリカなどでは、むしろ一般的です。会社の経費の一括管理ができることから法人カードは多く利用されています。日本でも紙媒体による請求書や領収書を取りまとめる作業の煩雑さや、無駄に時間かかることなどがようやく問題視されるようになってきました。法人カードの利用は今度ますます増えることが予想されています。信販会社では利用者への還元サービスなどを充実させて顧客の獲得に努めています。また、法人カードはキャッシングをすればビジネスローンとしての利用も可能です。

法人ETCカード比較

↑ PAGE TOP