法人ゴールドカードは経費管理が便利になる

法人ゴールドカードは経費管理が便利になる

経費の支払

個人向けカードはたとえゴールドカードであっても、会社の経費の支払に使うことはできないことになっています。多くの信販会社で規約違反にあたります。とはいっても、まだ日本では出張費や出張先でかかった経費を個人のカードで支払をして領収書をもらい、そこから会社に請求するというシステムがまだ機能しています。ただ、あまりに使用が頻繁である場合には、ビジネスとして使用していると信販会社が判断した場合には利用を差し止められるケースがあります。この点、ビジネスカードとして法人カードを持っていれば利用に問題は発生しません。

法人ゴールドカードで経費を電子データに

法人向けのカードを利用すれば、経費の管理がしやすくなります。多くのゴールドカードでは、すべての利用履歴を取りまとめて利用している会社に報告してくれます。そのため、いちいち社員から領収書を集めて計算するなどの手間を省くことができます。法人カードで支払われた経費はクラウド化されるため、クラウドを使った会計ソフトがあれば自動的に記帳して電子データとして処理されます。経理担当者の人件費の節約に寄与することになるでしょう。クレジットカードの利用が履歴として電子データで残るため、経費の処理速度は飛躍的に向上します。

なぜゴールドか?

クレジットカードは信用の証でもあります。法人としてはゴールドカードを持っていることで社員に数多くの利用サービスを提供できることになります。たとえば海外出張でのフライトサービスや航空券の優待割引、福利厚生施設との提携によるサービスを社員に受けさせることも可能です。世界各地での有名レストランの予約サービスやホテルでの特典サービスも提供されます。三井住友銀行やJCB、アメリカン・エクスプレスなど各社がこういったサービスを提供しています。経費の処理を迅速にするとともに、ゴールドカードでないと得られないサービスを社員に与えることができるため、一層会社への帰属意識も高まることになるでしょう。

↑ PAGE TOP