独立起業したら法人ゴールドカードを

独立起業したら法人ゴールドカードを

個人事業主の法人カード

個人の起業は年々増える傾向にあります。起業したらまず持っておかなければならないものとして、金融機関の法人口座がありますが、できればここに法人用のクレジットカードを入れておきましょう。ゴールドカードであれば数多くの特典を利用することができます。かつては個人の起業において法人カードを持つことは困難でしたが、近年ではそうした信販会社の基準がゆるくなっています。どこも顧客獲得のために多彩なサービスを展開しており、起業する人は検討する価値は充分にあるでしょう。

法人カードのメリット

法人ゴールドカードには豪華なサービスが付帯されていることが多く、たとえばゴルフの優待予約や有名レストランの優先予約などがありますが、個人の事業主にとっては信用をアピールできるというメリットがあります。もちろんゴールドでなくても構いません。法人向けのカードを持つことは支払口座を会社名義にできるという大きなメリットがあります。法人名義の銀行口座と取得しても、起業した人個人の名義のクレジットカードでは支払口座として機能させることはできませんし、申告でもいちいちカード利用ごとに明細に記載しなければならず、何のための会社名義の口座なのか分からなくなってしまいます。会社組織として必要なものを購入した場合に、会社名義のカードがあればそれで一括管理できます。ゴールドであれば、信販会社から四半期ごとにレポートを作成してもらえます。

法人カードの審査にパスするために

かつては、法人カードを持つには創業3年以上でなればいけないなどの審査基準がありましたが、近年では顧客獲得のために審査基準が簡単になっています。まず必要なのが固定電話です。近年では携帯電話のみで済ませる人も多くいますが、金融機関での審査は固定電話を持っていることが必須であるケースがほとんどです。起業したら会社には固定電話を設置しましょう。在宅の場合は自宅の電話番号で構いません。自社ホームページを開設していることも手続きをスムーズにします。仕事の実績や店舗の写真など、簡単なもので大丈夫です。実在している会社であることをアピールできます。

↑ PAGE TOP