法人ゴールドカードを選ぶ基準

法人ゴールドカードを選ぶ基準

ゴールドのステイタス

法人カードを利用することのメリットは経費の管理や経費見直しがしやすいことや、決済に領収書が必要ないことなどが挙げられます。とはいえ、法人カードには年会費無料のカードもあり、そちらを利用することも可能です。ただカードにはステイタスというものがあり、ビジネスマンとしてはそれも見逃せないポイントになります。他の会社の人と情報交換したり接待したりすることは日常的に行われますが、会計時に出すカードは一般カードよりもゴールドの方が取引先の印象が変わります。カードのステイタスは身だしなみのひとつと言っていいでしょう。

ポイント制度

個人で使用するカードにも付帯されていますが、法人カードにもポイントサービスがあります。会社の経費として使いますから、利用額は個人の消費とは比べものにならないくらいの額になることもあるでしょう。ポイント還元率が0.5%とすると、たとえば1ヶ月に100万円の利用があれば、1年間で6万円のポイントが貯まることになります。それを利用してさらに物品を購入することや、個人事業主であれば何かしらのぜいたくをすることも可能です。加入の際にはポイント還元のことも考慮に入れておきましょう。

ビジネスサポート

法人ゴールドカード加入会社には、経費に関する様々なサービスが提供されます。たとえば3ヶ月ごとのレポートを出してくれるところもありますし、中には財務や労務の専門家に無料で相談できるサービスや、経営コンサルタントのサポートが受けられるものもあります。信販会社によって異なっているため、検討すべきポイントとして覚えておくといいでしょう。帝國データバンクや各種のリサーチなどをさかのぼってデータにして提供するサービスもあります。社員向けの福利厚生サービスが充実している信販会社も数多くあります。ゴールドカードは年会費が数万円単位のものから、数千円のものまで幅広くあります。サービス内容を確認しながらじっくり検討しましょう。

↑ PAGE TOP