法人ゴールドカードで経費削減を

法人ゴールドカードで経費削減を

経費管理

法人カードを導入することの最大のメリットは経費管理の簡便化でしょう。現金や振込ではなくクレジットカードで経費を支払うことによって、目に見える形で履歴が残ります。法人カードは会社の代表者用のカードのほか、従業員用のカードを用意しています。それぞれの社員に法人カードを持たせると、経費として使われたお金は会社が月々の決められた日に支払うことになります。その際に、誰がどこでどのくらいのお金を使ったのかカードの請求情報からすべて分かりますので、無駄な経費のカットに役立ちます。社員は会社のお金を多少ならごまかして請求してもいいと考えがちですが、法人カードを利用すれば、そういう怠慢を未然に防ぐことが可能です。

優待サービスの利用

法人用のゴールドカードには数多くの特典があります。オフィス用品を安く買えるサービスや、航空券の割引など、カード会社が提供する特典は数多くあります。信販会社はレストランやゴルフ場などの予約にも独自の枠を持っているため、予約がスムーズです。接待での利用が多いレストランやゴルフで優待サービスが受けられるので、接待費の節約になります。自分で申し込みするよりも信販会社経由の方がほとんどの場合で安くなります。たとえばJCBカードには、加盟しているレストランのコース料理を2名以上で予約した場合に1名分が無料になるというユニークなサービスがあります。

時間の節約

法人カードの導入は、経費削減というだけでなく時間の節約としても有効です。たとえば決済のスピードがアップします。現金払いや振込よりもクレジットカードの方が決済は断然早く、その分効率も上がります。経費管理が一元化されますから、会計処理速度も格段に高まります。法人ゴールドカードでは会計の内容がクラウド化されるために、会計ソフトにそのまま取り込むことができます。また、信販会社の強みとして、カードに関することだけでなく、経費のかかる事柄について様々な相談ができるサポートセンターを持っています。社員旅行のツアー選びなどに役立つでしょう。

↑ PAGE TOP